LEGOで機動戦士ガンダムより「ガンダム(RX-78-2)」頭部を製作!

RX-78-2 GUNDAM



 ガンダム (GUNDAM) は、テレビアニメ『機動戦士ガンダム』およびこれを基に制作された劇場用アニメ3部作に登場する架空の有人式人型ロボット兵器。地球連邦軍が一年戦争中に開発した「モビルスーツ (MS)」の1機で、主人公アムロ・レイの搭乗機。額のV字型ブレードアンテナや、人間の目を模した複眼式のセンサーカメラが特徴で、ほかのMSに比べ人間に近い形状を持つ。これらの特徴は以降の「ガンダムシリーズ」作品に登場するガンダムタイプの基本となった。「ザクII」をはじめとしたジオン公国軍のMSの多くを凌駕する基本性能を持ち、パイロットのアムロの成長と相まって一年戦争で伝説的な戦果を上げる。(wikipediaより)



 いつもガンダムタイプを作る時に情報量の多さにレゴでの再現が間に合っていなかったので、今回はいっそ大きく巨大に頭部のみ制作してみました。ツインアイには内側にLEDをいれトランスイエローでつくった部分を光らせてみました。この大きさながらあまりタイルを使わなかったのも今回の工夫したところと言えるかもしれません、なるべく大きく見えるラインはブロックの側面やスロープ部分を使いました。



最後までご覧いただきありがとうございました。

LEGOで機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争より「ザクII改」を製作!

MS-06FZ



OVA『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』およびOVA『機動戦士ガンダムUC』に登場する、ジオン公国軍の量産型MS、「 ザクII改( MS-06FZ) 」をポケットの中の戦争のクリスマスに合わせて製作しました。ザクよりも武骨でゴツゴツしたイメージがあったので、曲線が多いザクよりは作りやすかったかと思います。



 顔の周りや足の動力パイプはアンテナを使い作製しました、腰の部分は消防ホースにパイプを通して作っています。ザクではここが緑なのですが、ザクⅡ改では黄色なので集めやすく製作しやすかったというのも題材に選んだ理由になります。しかし、曲線が足りなかった部分はミクセルを買い足し(詳細は一番下)完成させることができました。



 せっかくのクリスマスなので、バーニィが使用したダミーバルーンのサンタクロースも製作しました。



 メリークリスマス!!

 最後までご覧いただきありがとうございます。

レゴ ミクセル トーツ 41520レゴ ミクセル トーツ 41520
(2014/09/05)
レゴ (LEGO)

商品詳細を見る

LEGOで∀ガンダムより「カプル」を製作!

AMX-109



 カプルとは、アニメ『∀ガンダム』に登場するイングレッサ・ミリシャのMS。アメリア大陸イングレッサ領ビシニティ近郊のアーク山にあるマウンテンサイクルから多数発掘され、イングレッサ・ミリシャの戦力として用いられた。その外見は『機動戦士ガンダムΖΖ』に登場したカプールそのものだが、機体サイズが14m[4]と小さくなっている他、一部形状も異なる。マウンテンサイクル下でナノマシンによる再生が行われる際に変更がなされたという説や、後世製作されたレプリカであるともいわれている。(wikipediaより)



 小型かつ曲面が多くレゴでつくるのは難しいかと思いましたが、最近発売したミクセルの黄緑であったりレゴムービーのセットのカタツムリで黄緑の細かな曲面がなんとかできたかと思います。開閉ギミックなど関節はある程度動かしやすくしてあります。モノアイの部分もモノアイの丸プレートを外せば完全に閉まるようになっています。腕などのチューブ状の部分はミクセル関節などにタイヤをかぶせてあります。



 ミニフィグでつくったソシエ・ハイムお嬢様と一緒に

 最後までご覧いただきありがとうございました。


LEGOでビルドバーニングガンダム

2014年10月にテレビ東京系で放送が開始された『ガンダムビルドファイターズトライ』(GUNDAM BUILD FIGHTERS TRY)に登場しているビルドバーニングガンダム。ビルドバーニングガンダムはカミキ・セカイの使用ガンプラ。製作者はイオリ・セイで、ドムに偽装された状態で第7回世界大会優勝トロフィーの台座部分に隠されていたガンダムのプラモデル。



レゴブロックで作ってみると各所にクリアパーツが使われているのでとても色鮮やかで綺麗な機体だと思いました。また炎のエフェクトと組み合わせると更に派手で、今後は可動をたくさんできるようにするとキマってくるのかと思います。今後の物語の展開も楽しみにしつつ機体で遊んでいきたいと思います。



最後までご覧いただきありがとうございました。

レゴブロックでミニフィグサイズ「コア・ファイター」



 コア・ファイター (CORE FIGHTER) は、アニメ『機動戦士ガンダム』を始めとする「ガンダムシリーズ」に登場する架空の小型戦闘機。コア・ブロック (CORE BLOCK) と呼ばれる“核”に変形し、モビルスーツの胴体に収納され、コクピット兼脱出カプセルとして使用される。(wikiより)



 ミニフィグサイズで作ってみようと思い製作しました。変形のプロセスも組み込みましたがデザインとの共存が難しかったです。コアブロックへ変形しガンダムの腹部へと… はこの大きさではガンダムがとんでもない大きさになってしまいそうです。しかし、コアブロックへの変形ギミックは仕込みました。コアブロックへの変形を次の画像から始めます。



 まず左右の翼を本体へ収納します。



 尾翼も本体へ押し込み収納します。



 コックピット部分の接続部分を変更し中に押し込み短く再接続します。



 青い部分を折り曲げコアブロックへの変形完了です!



 裏面。



最後まで、ご覧いただきありがとうございました。
Page top